ヒロさん@静岡のブログ

スクールソーシャルワーカーのひとりごと

温かさと厳しさ

保護者さんを交えた支援会議を終え、タイミングを見計らい、

校長先生に参加させていただいたお礼とねぎらいの言葉をお伝えしました。

そのまま立ち話で会議の振り返りとなり、校長先生は、

「私は100%お母さんを信用できない。」

と本音をお伝えしてくださいました。

これは、全面的に信用できない、という意味ではなく、

まだ信用できない部分もある、という意味でおっしゃった言葉のようでした。

「校長先生、お母さんへのまなざしが厳しいなぁ・・・。」

というのが、私の率直な思いです。

しかし、この厳しいまなざしが校長先生の役割だとも思っています。

事情のあるお子さんに対し先生方には温かなまなざしで見ていただきたいと思っています。

その一方で、教育者として厳しさも持っていていただけることが必要だと思うのです。

会議中も、校長先生は優しく聴く、というよりは、

どちらかというと難しい表情で話を聴いていらっしゃいました。

ほとんど言葉を発さず、最後に教頭先生が校長先生から話してくださるよう促すと、

お母さんの立場を思いやり、母親として頑張っていることを認め、

ともに頑張っていきましょう、といったことをお話しくださいました。

ですので、始めに書いたようなことをお考えだったとは全く気づきませんでした。

教頭先生は会議中ずっと温かな寄り添う声掛けをお母さんにしてくださっていると感じました。

支援の方向性は同じに、でも、関わり方には違いがあると思っています。

担任だけに負担が偏ることを防ぐためにこういった会議は有効です。

この学校では頻繁に開いていただけていてありがたく思っています。

 

 

先日受講した講座で、

うつ病と診断され休みがちだが休みの日は元気に遊んでいる、

といった部下の行動にずっと我慢していた上司が、

堪忍袋の緒が切れて叱責したところ普通に会社に出勤できるようになった、

といった事例が紹介されました。

こういった対応はもろ刃の剣ではあると思います。

しかし、タイミングを見計らい、時には厳しい働きかけが功をなすことを私も経験しています。

今回のケースはもう3年以上不登校

数か月前から外出もできなくなってきているとのこと、

病院にもつながっておらず、

私としてはかなり心配でどこかにつなぎたい思いが強いです。

見守る姿勢が固定化しているこのご家庭にどうやって働きかけていくのか、

校長先生の厳しい視点を借りて、

子ども家庭課や児童相談所にも会議に参加してもらうなどして、

介入的に関わってもらうのも一つかと思っています。

 

毎回「初めまして」

登校渋りのAさんは被虐待児です。

学校としてはスクールソーシャルワーカー(以下SSW)と関係性を築いてほしいという願いがあり、私もそのつもりで何回か会いました。

Aさんは自分からいろいろな話をしてくれました。

家庭の話や、学校の話、今はまっていることについて、死生観など、

幅広くいろいろな話をしてくれていましたので、

私はてっきりそれなりに関係が築けたと思っていました。

しかし、ある時気づいたのです。

毎回Aさんにとって私は「初めまして」だったようなのです。

ある時、私が学校に到着してすぐ、廊下で先生とAさんに会いました。先生は、

「Aさん、よかったね、ヒロさん来てくれたよ。」

とAさんに声をかけました。しかし、Aさんは無反応。さらに先生は、

「あれ?ヒロさんと何回か話してるよね?」

と質問しましたが、Aさんは怪訝そうな表情で首を横に傾けたのでした。

 

私はこのことから、Aさんが虐待で受けた心の傷は深いのかもしれない、と思いました。

小児精神科医の友田明美医師の著書『子どもの脳を傷つける親たち』によると、

体罰を受けたお子さんは前頭前野が委縮しているのだそうです。

前頭前野は学びや「記憶」を司っていますので、私の事が記憶に残らないのだと考えました。

Aさんの記憶に関するエピソードを先生にお伺いすると、なんで覚えてないんだろ?と思うことが何度かあったとのことでした。

 

 

管理職に、心的外傷による記憶力低下の可能性をお伝えさせていただきました。

すると、「そんあことあるの?!」とかなり驚かれていました。

そして、まだ納得していただけていないように感じています。

 友田明美医師の著書『子どもの脳を傷つける親たち』は平成29年に出版されています。

ですので、虐待を含む不適切な養育により脳が変形してしまうことは、まだ広く一般に知られていない事実なのだと思います。

子どもに関する新しい情報をいち早くつかみ、教育現場にお届けするのもSSWの大切な仕事の一つだと思っています。

 

私だから聞き出せた!わけではない

「小学生の時、お母さんに叩かれてた・・・今はないけど・・・。」

出会ってそろそろ1年ぐらいの頃、思い出を振り返るような穏やかな口調で、

Aさんが面談中に話してくれました。

Aさんは月に1回程度私と面談しています。

出会った頃は自分から話すことはほとんどありませんでした。

そして、私は、

「そのこと、小学生の時誰かに言えた?」

と聞くと、

「言ってない。ヒロさんが初めて。ヒロさんにだけ知っててもらえばいいかなって。」

私はこの瞬間かなり舞い上がりました。「そっか~!私だから話せたんだ!」と。

しかし、その心のうちは隠しつつ、

「話してくれてありがとうね~。」

と抑えたトーンで答えたのでした。

 

この時の私はまだ青かったと今は思えます。

私だから聞き出せた!わけではない、と今は思います。

Aさんは、叩かれたことを誰かに言うことができない状況だっただけで、

偶然そのタイミングに私が関わることができた「だけ」だと思うのです。

本人の成長も影響しますし、置かれた環境でも表れは変化します。

中学生になり成長して、思いをうまく言語化できるようになったこと、

「面談」という二人だけの安心安全な場所だったことなどが要因だと思います。

うっかりうぬぼれたままにならないことを心に留めるためにブログに残すことにしました。